社員インタビュー(3)
HOME >  採用情報 >  社員インタビュー(3)

インタビュー(3)

 設計グループ 入社:11年目
新卒で新光電業へ入社
現在どんなお仕事をしていますか
技術部の設計です。
作図・設計がメインの仕事です。
どんな理由で新光電業を選びましたか?
きっかけや決め手は何ですか?
工業高校の電気科だったので、地元の企業で電気に携わる仕事がしたいと思い選びました。 また当時いろんな企業のパンフレットの中でも新光電業が印象に残ったのを記憶しています。
入社前に不安はありましたか?
新社会人だったので、社会人としてのルールも分からずどんな社員の方がいるのかなと不安になっていたのを覚えています。
入社してみて想像と違ったところはありますか
電気関係の仕事を決め手に入社しましたが、住宅の電気工事をイメージしていたので実際に盤や装置類を見た時は想像と違っていました。
また、電気工事の電気回路しかみたことが無かったので、入社して初めて盤の図面を見たときはこんなに詳しく描かれているんだとびっくりしました。
新光電業の特徴は何だと思いますか
お客様からお問い合わせいただいてからの迅速な対応だと思います。
お客様にも対応力があると認識してもらえいてればうれしいです。
同業他社に負けたくないことは何ですか
新光電業の特徴と同じで迅速な対応力です。
そこが劣ると新光電業としての持ち味がなくなると思います。
どんな雰囲気の会社ですか
同世代同士で技術力を高めあえる雰囲気の会社だと思います。
どんな仲間と働きたいですか
冷静な判断を出来る人・人の気持ちを考えて行動できる人と働きたいです。
そういう人は技術力の向上も早いと思います。
新光電業のココが好きだな、きついなと思うことはありますか
 (設計グループは)お客様に対して担当判断である程度行動できるところはいいなと思います。
勉強ありきの業務という感じで、学ぶことが多いところは大変と感じることもあります。
前の部署や学校での勉強は業務に役立っていますか
学校での勉強を思い返してみると役立っている部分はありますが、実際は応用部分が多いです。
設計の前の部署の仕事は役立っています。
やりがいはありますか
急な案件を達成できてお客様に感謝の気持ちを言っていただけたときには特にやってよかったと思えます。
今はどんなことに力を入れていますか
作図能力を上げて生きたいと思っています。自分自身の作図能力の底上げをしたいです。
取引先の方々とやっていくうえで大切なことは何でしょうか
お客様の不安要素を取り除けるように、情報のすり合わせを確実に行うことです。
情報共有をしっかり行うことを大切にしています。
仕事において1番苦労したことはなんですか どう乗り越え学んだことはありましたか。
納期のない案件を同時進行で複数こなしていたとき苦労しました。
周りの人に助けてもらって乗り越えることが出来ました。その時、周りの人を頼る勇気が必要だと学びました。
お客様との心に残るエピソードはありますか。
設計に来たばかりの頃、お客様に自分の意見をはっきり言ったことがあり、後日営業担当の方から「今の若い子ではっきりいえる子はいない」とお褒めの言葉をいただいたことです。
お客様に初めて褒めていただいたので心に残っています。
入社してから仕事において失敗した経験はありますか
図面寸法のミスによって違ったものが出来たことがあります。
外注との情報共有ができておらず違う材質の製品が出来上がったこともあります。
仕事で大切にしていることはなんですか
仕事を誰かにお願いするとき、相手に理解してもらえるような発言・行動をすることです。
逆に自分が聞く立場のときは相手の言いたい事を理解できるように全力で聞く努力をしています。
個人として大切にしている考え方はありますか。
あまり押し付けるようなことはしたくないと思っています。
自分があまり縛られたくないので自分の考えに硬くならず、柔軟な考え方を大切にしています。
休日はどのように過ごしていますか。
インドア派です。家ではあまりゲームはせず、YouTubeでよくゲーム実況の動画を観ています。
働くようになってから始めた趣味など社外で注力していることはありますか
ドライブ、映画、旅行に行くようになりました。 社会人になってから手に入るものを使った趣味が増えました。

タイムスケジュール

新光電業株式会社のトップページに戻る

PAGE
TOP